懸賞サイト・プレゼント大王

懸賞のプレゼント大王は、楽しい懸賞サイトを目指します

懸賞コラム

プレゼント大王のメルマガでは、メルマガの冒頭に、懸賞関連のコラムを書いておりました。昔のコラムですが、今も、参考になる部分もあるので、すこし掲載させていただきます。

企業懸賞モノは、宝の山?

こんにちは! プレゼント大王じゃ! みなさん、元気かな? みなさんは、「開運なんでも鑑定団」をよくご覧かな? この番組で、骨董品とともに人気があるのが、レトロな「おもちゃ」じゃな! でも、「おもちゃ」は捨てちゃった、という人は多いよね! そこで「おもちゃ」とは、ちょっと違う販促用の「企業懸賞モノ」に注目じゃ! たとえば、「キューピーの貯金箱」とかね。長銀がなくなるので、プレミアがつく可能性がありますね! あなたが今日応募する「企業懸賞モノ」がいつか化ける可能性もありデス。そう考えると、応募する大王のマウスに力がはいります! クリック!(笑)

(1998年7月11日号から抜粋)

「プレゼント大王」命名の秘密!

今日は、なぜ、「プレゼント大王」と名前が付いたか、お話しましょう! ホームページの命名の場合、それが、ズバリ、何のページなのか、すぐに分からないといけません。「懸賞」は、漢字でアイキャッチに弱い。それで、「プレゼント」が決まり! あとは、それをグレードアップする言葉を探す。そこで「王様」じゃナ。でも、インパクトがない。そうだ、「大王」だ! 「アレクサンダー大王」にあやかろう! 「プレゼント大王」の登場だ!

(1998年12月18日号から抜粋)

「無料PC」に応募が50万人!

うーん、これは、大王もびっくり! アメリカで「無料PC」というのが、出てきよったゾ! 「あなたにパソコンをプレゼントします!」と言う訳! もらったパソコンの画面に企業の「広告」が流れるという仕組みだ! 応募者を1万人と予定していたが、蓋を開けてみると、50万人が応募したのだ! これは、スゴイ人気じゃナ!(笑) 携帯電話プレゼント等は日本でもあったが、さすがにパソコンはなかった! 日本の企業の皆様、こんなパソコン・プレゼントの企画があったら、「プレゼント大王」に、こそーっと教えてくださいね! よろしくね!

(1999年2月15日号から抜粋)

「無料PC」1万名様 募集開始!

ついに日本にも登場しました! 「無料PC1万名様」じゃ! 「DION」とプロバイダー契約等の4つの条件がついておるが、これはPCを持っていない人には、いいお知らせじゃナ。(笑) これから分かることは、パソコンというハードの販売から、NETサービスというソフトの販売へ、時代が移り変わっておるということじゃ! PC「IBMアプティバ」が欲しい方は、契約内容を良く確認して応募してはいかが?

(1999年6月18日号から抜粋)

ネット懸賞は、バブル?

「Yahoo!」の株価が1億円を突破したので、やれ、バブルだの、いや、3億5千万円(それにしてもスゴイ!)が適正価格だの、新聞・週刊誌が賑やかですな。(笑) 「車が当たる!」「豪華海外旅行が当たる!」と言う、懸賞もバブルなのだろうか? 今日の新聞によると、NET人口が1500万人を超えたそうじゃ。このNET人口を対象に懸賞を出しているのだから、まあまあ、いい線いっていると思うのじゃがのう! NET人口がもっと多くなると、企業がHPへの集客にさらに熱心になって、豪華懸賞が増えるように思う大王です!

(2000年2月2日号から抜粋)

プレゼント情報掲載の秘訣

「プレゼントNEWS!」は、懸賞を応募している人だけでなく、懸賞を実施しているWEBマスターも読んでおられるようである。そこで、今日は懸賞情報がWEB・めるまがに掲載される、情報投稿のコツをコソ~ッとお知らせしよう。今は、投稿されて来た情報の2割ー3割程度しか掲載されません。WEBマスターの皆さん、知ってると掲載率がUPしますよ。(※現在は、著作権に問題がある場合・広告との競業がある場合をのぞき、できるだけ掲載しています)

1.応募の際、必要事項をすべて書くこと。これ必須です。
2.きちんとした「企画の説明」があること。文章を編集して掲載するので、これが必要じゃ。読者にいいかげんな情報をお伝えできませんからネ。
3.オリジナリティのある賞品歓迎。大王は、お茶目だからのう。

読者の皆さん、プレゼント大王は、上のような条件が揃った懸賞情報を選りすぐってお届けしています。今後とも、大王をよろしくね!(笑)

(2000年8月25日号から抜粋)

(次は、2002年から抜粋)

更新日:

Copyright© 懸賞サイト・プレゼント大王 , 2017 AllRights Reserved.